TOPページ

交通事故の被害者の方

交通事故が起きてしまったら

共著「交通事故実務マニュアル」を出版しました

交通事故のトラブル 交通事故によるトラブルにお悩みの方はお気軽に専門家までご相談ください。初回相談無料 ラジオ番組に出演・解説中!ラジオ日本他 番組「お金の悩み110番」で解説!

弁護士に頼んだ方が良いか診断! 弁護士を付けた場合、どのくらい賠償額が上がり、どれくらい弁護士費用が掛かるのか。今すぐ診断します!
今すぐ診断

後遺障害でお悩みの方へ 今すぐ無料相談をする方はこちら

交通事故の示談の前に…
弁護士・司法書士が交渉時から担当することで、和解金額が増額になるケースが多々ございます。初回の相談は無料ですので、まずはご相談下さい。
保険会社から賠償額を提示された場合はこちらどうぞ→
弁護士費用がご不安な場合には…
被害者の方が自ら加入している保険に、弁護士費用等担保特約が付いている場合、弁護士費用について保険会社からの支払いのみで費用がまかなえる場合がございます。ご相談とあわせてご確認ください。
弁護士にご相談される方はこちらからどうぞ→

交通事故事例

交通事故の被害者の方

治療関係費や入通院慰謝料等が請求できます。専門家が交渉することにより、未払いや打ち切られてしまった治療費を払ってもらえる可能性があります。>>詳細

後遺症とは、交通事故により傷害が発生した場合、一定期間が経過し、これ以上治療を継続しても受傷部位の回復が期待できない状態後に障害が残った場合をいいます。>>詳細

死亡事故の場合、被害者は亡くなってしまっているので、被害者自身が損害賠償請求することができません。実際に損害賠償請求するのは、被害者の「相続人」となります。>>詳細

人的な被害が出なかった交通事故が物損事故です。物損事故の場合には、慰謝料などの精神的損害や自賠責保険の適用が原則として認められません。>>詳細

保険会社から賠償額を提示された場合、個人で手続きを行うには限界がありますので、交通事故事件の経験豊富な専門家へご相談される事をお勧め致します。>>詳細

交通事故により後遺障害になったら

後遺障害(後遺症)による逸失利益請求をしよう
交通事故により後遺障害(後遺症)が生じた場合特有の積極損害としては、後遺障害(後遺症)による逸失利益があります。これは、後遺障害(後遺症)により、労働能力が低下したことによる収入の減少額を損害とするものです。したがって、後遺障害(後遺症)が生じた場合は、症状固定までの損害については休業損害として、症状固定後の損害については後遺障害(後遺症)による逸失利益として請求することができます。 ⇒ 後遺障害(後遺症)による逸失利益詳細はこちら

後遺障害(後遺症)についての慰謝料請求をしよう
後遺障害(後遺症)についての慰謝料は、自賠責後遺障害等級ごとに基準となる金額が定められています。もっとも、傷害の慰謝料と同様に個別具体的事情が考慮され決定されます。
また、自賠責後遺障害等級に該当しない程度の障害でも部位程度によっては慰謝料が認められる場合もあります。 例えば、女性の被害者で顔に傷が残った場合等です。
また、体に痺れが残す運送業勤務の男性について、労働能力喪失まで認めるに足りる証拠はないとしつつも、諸般の事情を考慮して100万円の慰謝料が認められた場合もあります(東京地裁平成12年1月9日)。
重度の後遺障害(後遺症)の場合、近親者にも慰謝料請求が認められる場合もあります。裁判では、後遺障害等級の基準が目安となり、個別事情によって判断されます。 ⇒ 後遺障害(後遺症)についての慰謝料詳細はこちら

▲このページの上へ

Copyright (C) 交通事故相談.JP, All Rights Reserved.