後遺障害になったら交通事故相談.JP190683人目の訪問者

交通事故相談.JP

03-3270-9060 面談は土日(夜間)対応可 ※要予約

新着情報

自転車の事故や歩行中にも…… 個人賠償責任保険とは

2015.05.26更新


日常生活を送る中で、他人に対する損害賠償責任を負うことになってしまった場合に備えられる保険が「個人賠償責任保険」です。自転車に乗っているときに、他の自転車と衝突して相手をケガさせたり、歩行者にケガをさせたりした場合には、個人賠償責任保険が使えます。個人賠償責任保険は、自動車保険や火災保険などの特約で加入することができます。

個人賠償責任保険で他人に対する損害賠償に備える

日常生活において、うっかり誰かをケガさせてしまったり、他人のモノを壊してしまったりすることはあるでしょう。このような場合には、法律上、相手に対して損害賠償しなければならない責任が発生します。
個人賠償責任保険とは、個人の日常生活の中で、誤って他人に損害を与えてしまい、法律上の損害賠償責任を負うことになった場合に備えて加入する保険です。個人賠償責任保険では、損害賠償金のほか、訴訟などにかかる弁護士費用も補償されます。なお、個人賠償責任保険では、故意に他人に損害を与えた場合については補償されず、あくまで過失による場合のみ保険金を支払われることになります。

自転車による加害事故では個人賠償責任保険が使える

個人賠償責任保険は、交通事故の場合にも使えることがあります。車に搭乗中の事故の場合には、いうまでもなく自動車保険でカバーされますから、個人賠償責任保険では対象外です。交通事故で個人賠償責任保険が使えるのは、主に、自転車事故の場合になります。
例えば、自転車で走行中、停めてあった車にぶつかってキズをつけてしまい、修理費用を請求された場合には、個人賠償責任保険による保険金の支払いを受けることができます。
また自転車で走行中、歩行者にぶつかってケガをさせてしまった場合についても、個人賠償責任により、被害者に対する損害賠償金を支払ってもらうことができます。
特に自転車対歩行者の事故では、歩行者側に後遺障害を負わせてしまい、損害賠償金が高額になってしまうことがあります。そのような場合に備えて、自転車に乗る人は個人賠償責任に加入しておくと、いざというときでも安心です。

個人賠償責任保険は他の保険やカードの特約で付けられる

現在、単体の個人賠償責任保険というのはありません。個人賠償責任保険に加入するためには、自動車保険、傷害保険、火災保険などの特約として付加する方法が一般的です。また、クレジットカードの会員向けの付帯サービスとして、個人賠償責任保険を付けられるものもあります。
自動車保険の個人賠償責任補償特約では、保険金無制限や示談代行サービス付きのものもあり、年間500~1500円程度で充実した補償を受けられるようになっています。

個人賠償責任保険では、お子さんがうっかり他人の家のものを壊してしまったり、ペットがよその人に噛みついてしまったりした場合についても補償されます。少ない負担で幅広いトラブルに備えることができますから、今加入している自動車保険や火災保険などで特約を付けられるものがないか見直してみましょう。